結婚ビザ 配偶者ビザから離婚ビザ変更での一般的な要件

離婚ビザと呼ばれる定住者ビザ

結婚ビザ 配偶者ビザを取得している外国人が離婚したときは、離婚ビザと言われている定住者の在留資格を取得できる可能性があります。

この離婚ビザは、告示されている定住者と告示されていない定住者がありますが、告示されている定住者には残留孤児、日系人、外国人の子ども(連れ子)などがあります。

離婚した場合の定住者は非告示となっており、非告示の場合は人道的支援として特別に定住者の在留資格が認められています。

離婚ビザの要件

では、離婚ビザを取得するための要件とはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、大前提ですが、「日本で生活できる収入」が必要です。

仕事先がない場合は、多額の財産か仕送りがなければ、かなり難しいと思われます。

つぎに子どもですが、結婚した日本人との間に子どもがいれば、許可される可能性があります。

子どもがいない場合は、結婚歴が3年以上で特別な理由があるか確認してみてください。

特別な理由とは、配偶者からDVされた、配偶者が精神病などです。

これらの理由がない場合は、相当期間日本で生活しており、生活基盤が日本でできあがっているか確認してください。

この期間が3年以上の場合は、許可される可能性があります。

冒頭でも述べたように、この離婚した場合に取得する定住者の在留資格は告示されていない在留資格なので、取得するためには人道的支援という特別な理由が必要となります。

そのため離婚ビザは立証書類の作成や収集が難しいため、できることなら専門家に一度はご相談したほうがよいと思います。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする