オーバーステイしている外国人と結婚して結婚ビザ 配偶者ビザを取得

結婚ビザ 配偶者ビザを取得しようとする場合、入国管理局に日本人の配偶者等の在留資格を申請することになりますが、このときの必要書類の一つとして、日本人配偶者の戸籍謄本が必要となります。

なぜこれが必要かというと、「日本で婚姻しているかどうかを確認するため」です。

そのため、戸籍謄本に外国人配偶者と婚姻したことが記載されていなければ意味がありません。

なお、外国人配偶者の国で婚姻しているかどうかを確認は、外国人配偶者の国から発行される結婚証明書等で確認します。

結婚といえば、先日、「オーバーステイをしている外国人と結婚したいけどできますか?」というご相談がありました。

このような場合、まずは結婚方法うんぬんより、「騙されていないか」を確認することが必要だと思います。

私は仕事柄、「外国人が日本で住みたいため、騙されて結婚した」という人のお話をお聞きします。

外国人とこれから結婚しようとしている人にはひどいことを言うようですが、実際に起こっている事実なので気を付けるべきことです。

次に結婚手続きですが、日本で最初に結婚する場合(婚姻手続きは、外国人配偶者と日本人配偶者の2国で行います)、外国人配偶者の国から発行される「婚姻要件具備証明書」「独身証明書」などが必要になるのですが、オーバーステイをしている場合、外国人配偶者の大使館等では発行してくれない可能性があります。

つまり、日本で結婚は法的に問題なくできるのですが、書類が揃わないために結婚届ができない可能性はあります。

このような場合は、あなたの住所地を管轄する市町村役場で、代わりの書類で婚姻届が受理されないか相談することになります。

なお、オーバーステイをしている状態で結婚する場合、市町村役場から入国管理局に通報されることもあるようなので、婚姻届を提出したら入国管理局で速やかに在留特別許可を求めたほうがよいと思います。

※ここの記事ではわかりやすくするために、あえて婚姻していない外国人も外国人配偶者としています。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする